線香の種類

ご先祖供養で、必ず使うものといえば、「線香」があげられます。
お線香をお供えすることで、香煙を通じてご先祖樣とお話することに通じると言われているそうです。 また、その煙は、身体や心を清めるとも言われています。
線香をたてる、ということは、御先祖様供養の前の大事な儀式だなぁと思いますね。 線香は、御先祖様供養で重要なアイテムと言えますね。

線香にも、様々な種類があります。
主な原材料によって、大きく2つの種類があるようです。

杉線香

杉の葉の粉末を原料に製造されているお線香。
杉特有の香りのする煙の多い線香で、主にお墓用線香として使われているものです。

匂い線香

椨(たぶ)の木の樹皮の粉末を主原料に、各種の香木や香料を加えて製造されます。
現在広く家庭や寺院などで使われている線香です。 外箱の体裁で、進物用線香と家庭用線香に分けられます。

私は個人的に香りつきの線香が好きで、色んな線香を買っています。
カモミール、ラベンダーなどのハーブ系のお線香もとても種類多く、常に家に常備しています。 桜などのお花の香りがするお線香も多いですよね。

お寺で販売しているお線香も由緒ある、といった感じで 観光などで訪れた際は、必ずチェックします。
ヒノキや白檀の香りは背筋が伸びるような心持ちになりますね。

お墓参りで使用する線香は、先に説明した杉線香、安価で販売しているものが使われることが多いですが、私は毎回、自分のお気に入りや御先祖様が生前好きだった香りや趣味にあったものを必ずあげるようにしています。