お墓参りのタイミング

基本的には行きたいと思ったら、いつでも良いのです。何か報告したい時、相談したい時・・・御先祖様とお話したいと 思うときに行けばい\いのです。私自身も、何か報告したい時や、悩んでる時など思い立って行くことが多いです。意外とお墓に参ることってセラピー効果があると思っています(笑)

といっても、最低限この時は行こう!というタイミングはあります。

命日

命日にも種類があります。1年に1回巡ってくる故人が亡くなった日「祥月命日」と月命日です。
「祥月命日」がいわゆる私たちが一般的に認識している命日ですね。

また、故人が亡くなって1年目の一周忌と2年目の三回忌に関しては、 親族などを集めて住職に読経してもらう法会を実施するのが一般的です。 いわゆる、年忌法要と呼ばれているものです。 一周忌と三回忌は必ず実施します。

七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌・・・ と追善供養が続いていきますが、一般的には三回忌ないし七回忌以降は実施しないお家が多いかと思います。

お盆、お彼岸

お彼岸は悟りの世界に渡ることを願い、日ごろの行いを慎む期間とされています。彼岸は年に2回、春と秋にあります。春は春分の日を中日として前後3日、秋は秋分の日を中日に前後3日です。

お盆は先祖の霊が年に一度帰ってくる期間とされています。  お彼岸のときは彼岸入りまでに仏壇・仏具を掃除してお花やお供物をそなえ、お墓も掃除します。

お盆のときも、基本的には同じですが、精霊棚に精進料理や飾りものを飾る事が多いです。お盆の時期は一般的に8月13日〜16日までと言われていますが、地域によって7月に実施される場所もあります。

どちらの時もお墓やお仏壇のお掃除はしっかりしてくださいね。